7月7日(水) 七夕(星まつり)

織姫(おりひめ)さまと彦星(ひこぼし)さまが天の川をわたって、1年に一度だけ出会える日を七夕というそうです。また、織姫はこと座のベガ、彦星はわし座のアルタイルで、どちらも1等星の明るい星です。そこに白鳥座のデネブを加えると夏の大三角形になります。夜の8時から10時くらいに東の空の下の方に見えはじめますよ!学童では五色のそうめんを食べて、星まつりをお祝いします。

目次
閉じる