9月21日(火) 十五夜

旧暦では7月から9月までが秋にあたります。旧暦の8月15日を十五夜といい、秋の真ん中である中秋ともいいます。その日に見える月を『中秋の名月』とよび、ススキやお団子をお供えして、作物の収穫に感謝します。また、これから実るものに対しては、豊作を祈ります。みんなもお団子を食べて、秋の実りに感謝をしましょう!!

目次
閉じる